石

パワーストーンの種類と意味

パワーストーンの種類の数だけ意味があります。
それはここでは書ききれないほどであり、すべてを把握しているのはそういうお店に勤めている人とか、
パワーストーンが好きな人くらいでしょう。

自分の誕生石を知っているくらいか、好きな石の意味ぐらいならば知っていても
それ以上は知らないという人は多いでしょう。

ではどうやってパワーストーンを選んでいるのでしょう。
一番大切なのはフィーリングとも言われています。何も考えずに惹かれた石にこそ意味があるといい、
お互いが呼ぶとも言われています。

しかしそのような奇跡のような出会いは滅多にありません。
なんとなく惹かれるのも稀です。
そこで意味が重要になってきます。

ここでは本当に基本の「お守り」としての効果のあるパワーストーンを一部を挙げてみましょう。
ハウライトトルコは災いから身を守って幸せを導く意味のパワーストーンとして、
古来よりお守りや勇気の石と言い伝えられてきました。
災いから身を守り、幸せな方向へと導くためのお守りとして身に付けるパワーストーンです。

スギライトの石の種類は杉石で、
気持ちをリラックスさせ、マイナスな思いや出来事から身を守るとされています。
新しい環境で生活を始める時などに、気持ちをリラックスさせ、
マイナスな思いや出来事から身を守るともいわれ、精神の面でも支えるパワーストーンです。

ペリドットはかんらん石という種類で、
身を守り、癒やしながらもポジティブへと導く意味のパワーストーンです。
疲れがちなときにも、気持ちを明るくする、そしてポジティブな方向へと導いてくれるような
意味のパワーストーンです。
8月の誕生石として有名です。

一例として挙げただけでもお守りや精神の安定のパワーストーンにも、
これだけの意味が込められています。
他にも健康や恋愛、金運などというように同じような意味のものを集めて一つの願いを込めましょう。
最近はブレスレットなそのアクセサリーにするのが人気のようです。
こちらに最強のパワーストーンブレスレットの組み合わせと効果効能一覧がありますので参考にしてください。
大きなもの1つでも、1つの形をしたアクセサリーでも1つのものに一つの願いがパワーストーンの基本です。
こちらにパワーストーンの意味一覧と組み合わせの効果効能についてのサイトがありますのでご覧ください。