石

パワーストーンの相性

違う石があると相性によっては悪いことが起こるといわれていますが、それはありません。
石は天然のピュアなもので、石が持つ意味にも悪い意味を含んでいるものはありません。
第一それではパワーストーンを扱っている店は立ち行かなくなることになってしまいます。

それでは何故そのようなことが言われているのでしょう。
それには人間の「負」の感情が入ってしまうからだと言われています。
自然界には負の感情はなく、負の感情をもった人間が思い込むことによって、
石がその感情を吸い込んで変質させてしまうと言われています。

負の感情を吸い込んでもらえるのならばいいのではないのかと考えるかもしれませんが、
本来の意味をなくしてしまっては意味がありません。
思い込みだけで石に負の感情を与えるのはとても残念なことと言ってもいいでしょう。

パワーストーンは周りのエネルギーをそれほどに受けやすい存在といってもよく、
そのためにも浄化はかかせないといってもいいでしょう。

石は純粋なのです。
良い方に導いてもらうように心を開いた方が良い結果をもたらしてくれるといってもいいでしょう。
そんなパワーストーンの効果を最大限にする方法はこちらをご覧ください。

またパワーストーンを組み合わせてアクセサリーを作る時に「お守り」「健康」「恋愛」「金運」などと
すべてを兼ねたものを作ろうとしたら、結局何を願い、石も力を十分に発揮できないということになります。
パワーストーンのアクセサリーを作る場合は全てをかねたものを作るなどという欲ばったものではなく、
一つの叶えたい願いを込めたものを石の意味を含んで作りましょう。
パワーストーンアクセサリーの作り方は自分で必要な道具を買って作る方法もありますが、多くの方は専門店で石の種類を選び、アクセサリーを作ってもらっているようです。


どの願いも捨てられないという場合は複数のアクセサリーにして身につければよいのです。
何本まで付けてもいい上限はありませんし、着けすぎることは悪いことはありませんが、
やはり効果が減少してしまいかねません。
パワーストーンにもメンテナンスが必要なのですが、その方法はこちらをご覧ください。
また、浄化する時間についてはこちらにかいてあります。

そこで「自分のベースとなるパワーストーン」+「その日に願うこと」
+「身に着けたいと感覚的に感じた」ものを付けるのが、お勧めといえるでしょう。
パワーストーンで恋愛運がアップしたという方の体験談も見てみましょう。