石

パワーストーンの処分

パワーストーンのアクセサリーの紐が切れたというくらいならば、紐の状態を見て石の状態を見て、
紐による劣化が原因であるならば、新たな紐に通せば使えます。
ただしパワーが感じられないと思った時には紐だけが原因ではなく、石に寿命がきたことになります。

またはじけ飛んで石が全て揃わない場合や欠けてしまった、
割れてしまった時などは役目を終えたと判断しても良いでしょう。
はじけ飛んだ場合、役目を終えた石というのはなかなか見つかることがありません。
しかし出来ることならば今までの感謝の気持ちを込めて自然に還してあげたいものです。

パワーストーンは自然から生まれてきた存在です。
感謝を込めて自然に還しましょう。
山や海、川などもお勧めです。
あまりにも遠すぎるという場合は、自宅の庭などに埋めて土に還してあげましょう。

これらは何の装飾具がついていない場合のパワーストーンの場合です。
アクセサリーの金具などがどうしても取れない場合は自然に還すことはできません。
金具は自然に還らないからです。

それではどうすればいいのかと言えば、塩に包み、
感謝をしながら不燃ごみとして出すようにしてください。
塩に包んでいるとはいえ、ごみになんて出せないという人は、神社などに納めにいきましょう。
確かに感謝してごみよりもいいでしょう。

中にはあまりにも未練があって感謝しても手放せないという石があります。
よほど相性がよかった場合、確かに未練のまま手放したくはないでしょう。

そういう場合は小さな袋に水晶と一緒に入れて、暗所に保管するということもあります。
もう持ち歩くことはできませんが、一緒にいることで安心できるのでしたらそうするべきでしょう。

ただしその石にばかり心を残したり、よかったのかと考えて気にしてしまっていては、
他の石に負の感情が宿ってしまう事にもなりかねません。
石に感謝以外の感情を向けてしまうのでしたら、
自然に還してあげた方が石のためにもよいと考えてください。
女子力を上げるパワーストーンをみなさんも是非試してみませんか。